岩国市、大竹市、廿日市市エリアで建てるこだわりの注文住宅Navi » 家を建てるなら!押さえておきたいポイント【岩国市・大竹市・廿日市市・五日市エリア編】 » 工法の違いと特徴

工法の違いと特徴

注文住宅で使われる工法では木造建築が一般的です。他にも、軽量鉄骨造や重量鉄骨造、RC造といった作りもあります。それぞれどのように違うのか、その特徴とメリット・デメリットについてまとめてみました。

木造

木造と呼ばれる工法には、古来より日本で行われてきた工法である木造軸組工法と、ツーバイフォー(2×4)工法と呼ばれる木造枠組壁式工法とあります。

メリット

木造軸組工法は、狭小敷地・変形敷地に対する適応力が高く、設計デザインにも柔軟に対応することができます。木造枠組壁式工法は、高断熱・高気密といった断熱性能に優れており、デザインへの適応力の高さから輸入住宅から和風住宅まで使えます。

デメリット

木造軸組工法は床下や天井などへの湿気・白アリ対策に注意が必要なこともあり、木造枠組壁式工法は面で支える工法であるがゆえに開口部を広くすることはできません。

軽量鉄骨造

軽量鉄骨を骨組みとした鉄骨系プレハブ工法。大手のハウスメーカーで採用されていることが多く、骨組みは木造軸組工法と同じ軸組工法であることが一般的です。

メリット

工業化されているので品質も安定し、大量生産が可能。優れた強度を持つ鉄を使うので、耐震性能も抜群です。

デメリット

大量生産の工業製品であるがゆえに、設計デザインの自由度は低く、ブランドごとに仕様が違うためリフォームの場合は他社に頼めない部分も。また、鉄の性質上、さびやすく防音性が他の工法におとり、冬は結露がおこりやすいです。

重量鉄骨造

ラーメン構造とも呼ばれる仕様。6ミリ以上の鉄骨で、梁を強固につなぐシンプルな構造です。狭小敷地や2世帯住宅、オフィス併用住宅などで採用されています。

メリット

オフィスビルや中高層マンションでも定番の工法で、設計の自由度が高いことから大きな空間を作るのに適しています。また、最近都市部でよく見られる屋上の緑化などなどにも向いています。

デメリット

どうしても重くなるため、基礎部分を強固にするための費用がかかります。また、錆に弱く断熱性もそこまで高くなく、結露になりやすいといった面があります。

RC造

骨組みは鉄筋で、型枠で囲ってコンクリートを流し込む工法。鉄筋コンクリート造とも呼ばれます。型枠次第でどんな設計にも対応可能です。

メリット

鉄骨とコンクリートの良いところ取り。強固で耐震性に優れ、コンクリートが火災や雨水から鉄筋を守り耐火性や耐久性も高いです。

デメリット

施工業者や天候によって大きく左右されることが多く、コンクリートの特徴から夏は暑く冬は寒くなりがちなことからも外断熱が必須です。コストかかる工法といえます。

山口県岩国市・広島県
廿日市市・大竹市エリア
の注文住宅特集♪

イメージ

「オンリーワンの家」「大手メーカーの家」「建材にこだわる家」の3つのこだわりポイントから、エリアごとにおすすめの注文住宅会社を紹介します!